ashiken.com

写真好きなおじさんが自分で撮った写真を載せたり、気になったニュースをまとめたりしてます。最近は鉄道、小田急ばかり...

飛行機関連 - 搭乗記

[搭乗記]ADO16 CTS→HND

搭乗日:2016/08/13 CTS10:25→HND11:50
搭乗便:ADO16
使用機材:JA602A(Boeing 767-300)

久々の搭乗記です(記録を漁ったら約1年ぶりw)。
7月29日に就航を開始したベアドゥ北海道ジェットに乗ることが出来ましたので、まとめます。

エアドゥドリーム号(JA305K)がANAにリースバックされて以来、エアドゥにはスペシャルマーキング機が居らずちょっと寂しいなぁと思っていたところに763への特別塗装が決定。
288席であることからJA601AやJA98ADではないかとの憶測も飛び交いましたが、元モヒカンジェットのJA602AがANAからリースされてきました。


新千歳空港に降りてくるJA602A


新千歳空港9番スポットに駐機中のJA602A

到着機遅れのため5分遅れで機内へと案内されます。
気になる内装ですが、完全にAIRDO仕様になっており、ヘッドカバーにも垂直尾翼に描かれているベアドゥがいます。
 ANA時代には設定があったであろうプレミアムクラスのシートも無くなっています。


安全のしおりもベアドゥ仕様になっています。

RWY19Rから離陸、晴天の中を南へ進みます。


紙コップもベアドゥ仕様です。可愛い。エチケット袋もベアドゥ仕様になっています。

コックピットからアナウンスがあり、定刻より5分早着とのこと。
快調にフライトを続け、RWY34Rに着陸。58スポットには11:47には着き、11:50には降機開始していました。

[ANA]2015/07/05 ANA556 HKD→HND

搭乗日:2015/07/05 函館1600→羽田1730 
搭乗便:ANA556
使用機材:JA8670(Boeing767-300)

久々のANA便です。
そして初の函館空港です。
関東は梅雨空が続いていますが、函館は気持ちのよい快晴。良いフライトであることが期待できます。
使用機到着遅れのため、5分延発の16時にドアクローズ。

隣のスポットには次の東京行のAIRDO機が到着。


RWY30から離陸し、右に大きく旋回、函館空港、市街地、函館山を見下ろしながら高度を上げていきます。


10分もしないうちに本州上空へ。西よりの航路を通っているようで八郎潟が見えました。


雲から少し姿を出しているのは鳥海山でしょうか。


羽田に近づくにつれて天候は悪くなり、多少揺れるもRWY34Rにランディング。
概ね天候もよく、終始逆光ながらも快適なフライトでした。 

[バニラエア]2015/05/01 JW907 NRT→CTS

搭乗日:2015/05/01 成田1215→千歳1400
搭乗便:バニラエアJW907便
使用機材:JA06VA(Airbus320-200)

久しぶりのバニラエアです。
第3ターミナル開業後初めて成田空港にやってきました。
アクセス成田で第3ターミナルに直接やってきたわけですが、チープ感が否めないですね。


保安検査場を通って、空中通路に上がるとこんな景色が見えてきます。
151から155の保安検査場に近い(空中通路を使わない)スポットは国際線が使ってることが多い印象を受けました。


これから搭乗するJW907は161スポットなので空中通路からはこんな風に見えます。


空中通路を通り、離れ小島に着くとそこは飛行機の目の前です。
まるで地方空港のような近さです(笑)

時刻通りドアクローズ、16Lへタキシング。2機の着陸を待って、Takeoff!
海まで出ると大きく右に旋回し、北へ向かいます。
座席が17Aなのでほとんど地上が見えません(笑)

順調にフライトし、千歳は01RからLanding
スムーズにスポットイン、定刻通りの到着でした。

[スターフライヤー]SFJ51便 HND→FUK

搭乗日:2014/12/31 HND19:30→FUK21:40
搭乗便:SFJ51

使用機材:JA??MC(AirbusA320-200)

福岡行きスターフライヤー便に乗ってきました。

機材繰りの関係で出発が1時間遅れ、19:30に67Bスポットを離れました。
南風運用の西行き便なので16Rかと思いきや16Lから離陸。
離陸後、上昇中に左右に振られ、やや冷や汗。
右手に川崎、横浜の夜景を見ながら高度を上げていきます。
安定飛行に入るとドリンクサービスが始まります。
自分はタリーズのコーヒーを選択、一緒にチョコレートも付いてきます。



機内を見てみますと各席にタブレット端末のようなものが前の座席の後ろに付いています。
ビデオや音楽、電子書籍などを楽しむことができるようになっています。
エコノミークラスでこの装備は他の国内線キャリアには見られない大きな特徴ですね。
ナショナルジオグラフィックのテスラ特集を見ていましたがなかなか面白かったです。

福岡空港に向けて高度を下げていくとまた気流の良くないところを通ります。
上下左右に振られます。
ヤフオクドームなど福岡市街の夜景を見ながら高度を下げ、34からランディング。
定刻より1時間10分遅れの21:40にスポットインしました。
-------
今回はANA便で予約し搭乗したのですが、サービスレベルについてはANAより高いのではないかと個人的には思います。
ただ、自分のように飛行機の揺れにあまり強くない人には小型機のA320は少々辛いものがあります。
それでもまた乗ってみたいと思わせるフライトでした。

[エアドゥ]ADO16 CTS→HND

搭乗日:2014/11/24 千歳1020→羽田1200
搭乗便:エアドゥADO16便
使用機材:JA8359(Boeing767-300)

エアドゥ初搭乗です。
今回乗った機材はANAのお下がりのB763。92年製とあって、内装の古さが際立ちますがシートだけは7月に交換されているようで、なかなか座り心地の良いものになっていました。近年よく見られる薄いシートは座った時に安定感にかけるものが数多く見られますが、このシートは薄型ながらホールド感も良く、よく出来たシートであると感じました。シートピッチも往路のスカイマークA330には到底敵いませんが、ANAのスタンダードなシートよりは若干広めに感じました。

この日も南風運用でRWY19Rからテイクオフ。
眼下に苫小牧の港を見ながら高度を上げていきます。


途中、三沢飛行場が見えたり


岩手山が見えたり、


4発機とクロスしたり


と天気が良く気持ちの良いフライトでした。

安定した飛行を続け、RWY34Rにランディング。
定刻通りにスポットインしました。

フルサービスキャリアとあって、機内サービスも充実していました。
無料ドリンクもありますし、オーディオサービスもあります。
それでいて、時期・時間帯によってはスカイマーク・ジェットスター・バニラエアなどよりも安く乗れ、My Airdo会員になるとポイントも貯まり特典航空券に変えられるので個人的にはどんどん活用していきたいところです。

[スカイマーク]SKY705 HND→CTS

搭乗日:2014/11/22 羽田0850→千歳1025
搭乗便:スカイマークSKY705便
使用機材:JA330E(AirbusA330ー300)

スカイマーク初搭乗です。
また、ANAマイラーの自分にとって羽田空港第一ターミナルからの出発も初めてです。
スカイマークのカウンターでチェックインをするわけですがカウンターが遠い。端に追いやられてます。
保安検査場を通った後も遠い。挙げ句の果てにチケットに書かれた搭乗口に向かうと『バスラウンジ』の文字が…。乗客数の多いHND-CTS便でバス搭乗になるとは…
朝の出発ラッシュだからスポットが足りないんですかね…。
なんとかしていただきたいものです。

乗り込むと鮮やかな黄緑色のシートが目に入ります。



座ってみると昔乗ったANAのプレミアムクラスと同じくらいシートピッチが広い!非常に快適です。
しかし、やはりスカイマークのCAの制服はお世辞にも品があるものとは言えません。この辺りはジェットスターやバニラエア、春秋航空のほうがよっぽどまともです。

出発準備に時間を要し、10分遅れてスポットを離れます。
RWY34Rからテイクオフ。

B滑走路を望む


お台場とレインボーブリッジ


ディズニーランド

この機材はwi-fiが使える機材のようなので使ってみました。
 
こんな感じでフライトに関する情報は見られるのですが、公衆回線網にはつながりませんでした。
再来月乗る時にリベンジします。

道内に入ると雲の影響で若干揺れました。
この日は冬にしては珍しく南風運用だったようでRWY01Lにランディング。
10分遅れの1025にスポットインしました。

[春秋航空日本]2014/11/02 IJ604 HSG→NRT

搭乗日:2014/11/02 佐賀1745→成田1935
搭乗便:春秋航空日本IJ604便
使用機材:JA03GR(Boeing737-800)

佐賀、復路です。
往路で席が並びにならなかったので、窓口でチェックイン。
お金を払うから並びにしてくれといったにも関わらず、通常通り発行するANAエアサービス佐賀係員。
気を効かせて一人が座席指定で、一人はその横にする形だと座席指定料が安くなるからとやってくれたのはありがたかったんだけど、領収書要らないって言ったのにそれ作るのに時間をかけないでー。

と乗る前から機嫌が悪かった訳ですが、このフライト酷かった。
IJ603が15分くらい遅れて到着したので、搭乗開始が20分遅れ、
プッシュバック開始も10分ほど遅れ。
RWY29からテイクオフ。夕暮れを眺めながら東へ向かいます。
この時間フライトはこれが見られるのでやめられない。

降下開始までは順調にフライトしていたのですが、房総半島を回り始めたくらいから左右に振られます。
北からのアプローチだったため、大きく回り込み時間がかかるため余計にストレスが貯まります。
最終アプローチ辺りまで来ても左右に振られる始末。
無理しないでゴーアラウンドした方がいいんでない?と思いながらRWY16Lでランディング。
なんとか無事おりれたなぁという印象でした。

RWY16L降りだとLCCスポットまではそんなに時間がかからないだろうと思っていた矢先、LCCスポットを通過していきます。
どうやら夜間駐機スポットにやって来たようです。
外には芝山鉄道の芝山千代田駅がそう遠くない場所に見えます。
タキシングが長いこと長いこと。その後のターミナルまでのバス移動も長くてうんざりしました。
ただ、タキシングが長い分、間近でいろんな機材を間近で見られたのは良かったです。
結局、通常30分遅れでターミナルに到着した訳ですが、機内でも遅延に対する謝罪は一言無し。LCCなんでそう言うもんだろと言われればその通りですし、謝られたからどうってもんじゃないですが、ここら辺が日系キャリアとの違いかなと感じました。



[春秋航空日本]2014/11/01 IJ603 NRT→HSG

搭乗日:2014/11/01 成田1420→佐賀1630
搭乗便:春秋航空日本IJ603便
使用機材:JA01GR(Boeing737-800)

久々の搭乗記です。
今回は2014年8月に就航した春秋航空日本に乗ってきました。

Webチェックインが出来ない会社なので、早めに行ってチェックインを済ませます。
今回は2人で申し込んだのですが、B席の縦並び。自動チェックインはダメですね。
しかも、乗ってみてわかったのですが、隣のA席が空いてます。
その上、機内では移動はしないよう何度もアナウンスが流れます。
この辺のサービスはやはり、ジェットスターなどの方が1枚上手かなという気がします。

RWY16Lまで延々とタキシングし、テイクオフ。
雨雲の中を抜けるまで、なかなか揺れました。
その後も気流の良くないところを通過した影響か何度かベルトサインが点灯していました。

3連休初日とあって、搭乗率はかなり高めです。ほぼ満席といったところでしょうか。


上空では綺麗な青空が広がっていました。


HSGランディング時も気流の良くないところを通過し、なかなか揺れます。
RWY29から「どん!」という音ともに着陸しました。後ろで女性が悲鳴を上げていたのが印象的でした。

HSGは並行誘導路が無いため、滑走路の端までいき、Uターンし、滑走路を走ったのち、スポットへ向かいます。
この光景、自分は初めて見ました。

[バニラエア]2014/10/04 JW901 NRT→CTS

搭乗日:2014/10/04 成田0600→千歳0720
搭乗便:バニラエアJW901便
使用機材:JA02VA(Airbus320-200)

先々週に続き、バニラエア3回目です。
早朝発の便ということで乗客の集まりも早く、0553にはドアクローズ完了、0600にはプッシュバックも完了し、タキシングに入っていました。
ここで気づいたことがひとつ。自分の前の列と前の前の列は非常口座席だったのですが、下の写真のようにここがぽっかりと空いています。


ジェットスターであれば無料で案内してくれました がバニラエアはそういうサービスは行っていないようですね。
また、この機材はバニラエア就航に伴ってリースした機材のため新品同様です。
シートピッチも若干、狭いですがそこまで気になりません。

RWY34Lから離陸し、一気に雲を抜けていきます。



苫東のタンク群が見えてくるとそこはもう新千歳空港です。


RWY01Rにランディング、5番スポットには720に到着しました。予定到着時刻は0740なので随分早く着いたなという印象です。

[ジェットスター]GK400 MYJ→NRT

搭乗日:2014/9/28 松山1010→成田1150
搭乗便:ジェットスタージャパンGK400便
使用機材:JA02JJ(Airbus320-200)

松山復路です。
Webチェックインしていたのですが、印刷する環境がない自分は窓口で搭乗券再発行をしました。
この際、非常口座席空いてるのでいかがですかという提案を受けたので喜んで非常口座席に変更。
追加料金はかかりませんでした。

スポット1番から乗り込みます。
無料でこの広いシートは良いです。ANAの通常シートよりもはるかにシートピッチが広いです。余裕で足が組めます。
あまり搭乗率は高くないようで通路側もしくは真ん中の席がほとんど空いています。そのため、時刻変更、曜日運休が発生しているようです。

RWY32からテイクオフ。往路もそうでしたがジェットスターの操縦士は上昇角度がきつい気がします。

順調に飛行しましたが、成田付近は風が強いようで煽られていました。
また、ストンストンと落ちるような感覚があり怖かったです。

RWY34Rに1140ランディング。
バスで到着口まで送られました。

ジェットスターで残念なのが、往路でも書きましたがやはり座席でしょうか。
私のように座高が高い人だけだとは思いますが。

[ジェットスター]GK401 NRT→MYJ

搭乗日:2014/9/27 成田0805→松山940
搭乗便:ジェットスタージャパンGK401便
使用機材:JA04JJ(Airbus320-200)

ジェットスターで松山へ。
8時発の飛行機なので前泊がいるかなと思ったいたら空港第2ビル711着スカイライナーに乗れることが判明。
慣れない成田空港、55分で乗れるかなと心配でしたが案外余裕で乗れました。手荷物なしということもあるとは思いますが。
保安検査場がJAL、スカイマークと同じで数も多くスムーズでした。

機内へ乗り込みます。
先日乗ったバニラエアと違い、圧倒的に狭い上に背もたれの角度がきつく猫背のような体勢になります(自分のように座高が高い人に限ってだと思います。)
1時間40分なので耐えられますが、沖縄までは耐えられない気がします。
到着便が少ない時間帯のせいか34Rからテイクオフ。
テイクオフ前に滑走路上で2~3分停まってたのはなんだったのかな。

安定飛行に入ると機内販売が始まります。
バウチャー券を持っている方にはあらかじめ声をかけてくれるようです。
こういったサービスはなかなか良いのではないかと思います。

先週乗ったバニラエアと違う点として機長からの挨拶が通常時にもあるのが良いと感じました。もしかするとたまたま自分が乗った便でアナウンスがなかっただけかもしれませんが。

晴天のなかを西へ向かって飛行していきます。
富士山が見えることを期待して進行方向向かって右の窓側席をとりましたが、この日は富士山の北側通過したためまったく見られず…orz
それでも気持ちよく晴れていたのは良かったです。

順調に飛行し、RWY14からランディング。
定刻通り9時40分に降機していました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索