ashiken.com

写真好きなおじさんが自分で撮った写真を載せたり、気になったニュースをまとめたりしてます。最近は鉄道、小田急ばかり...

室蘭本線

[JR北海道]臨時北斗、キハ261系1000番台で運転中

繁忙期の新幹線増発に合わせて、札幌~函館間の特急北斗も増発されています。
北斗84、91号のグリーン車連結運転日はキハ261系1000番台で運転されています。
スーパーの付かない北斗に充当され、スーパーとかちのような短い編成は違和感がありますね。

2016.08.12 崎守~黄金間にて

[JR]水平線とレッドベアとカシオペア

気温が高く、ガスっていましたが、通過前にはなんとか水平線が見える程度には晴れてくれました。
JRFマークを付けた機関車がE26系を引っ張っているのは違和感があります。

2016.08.12 黄金~崎守間にて

[JR]Tilt261のスーパー北斗

新塗装への置き換えが進みつつあるキハ261系ですが、当初スーパーとかち用に投入されたTilt261ロゴ車もスーパー北斗に投入されています。
キハ281系が増結が見られなくなった昨今、基本8両以上のキハ261は画になります。

2016.06.18 苫小牧にて

臨時特急北斗85、92号、キハ183系200・400番台で運転される

2015年5月2日(土)から臨時特急北斗85・92号が運転され、函館運輸所所属のキハ183系200番台と400番台が使用された。編成は札幌方からキハ183-218+キハ182-405+キハ182-404+キハ182-406+キハ183-208の5両編成で組成された。
両列車は5/6までの運転で久しぶりにHOKUTOのヘッドマークを掲げるスラントノーズ車が見られた。

2015.05.02 糸井にて

キハ40-350、室蘭本線苫小牧以西&石勝線で運用される

日高線用キハ40-350が室蘭本線苫小牧以西で運用されていることを確認しました。
同線同区間の普通列車においてはキハ40-1700、キハ150-100、キハ143-150が運用されており、
キハ40-350はこれまで運用されていませんでしたが、長期運行休止中の影響で余剰車両が発生した影響で
まわってきたのでしょうか。
2015/05/02
436D:キハ40-352



4486D~4489D~2641D:キハ40-357

[去りゆく夜行列車]やっぱり北斗星といえば凸重連 8008レ

EF510のブルーもEF81の星もED79もカッコいいのですが、やはり北斗星はDD51の重連がカッコいい。
この姿が好きです。

2015.05.01 苫小牧にて

[シリーズ キハ183]代走北斗

NN183のエンジン火災が発生し、0、500番台による代走が約1年走りましたね。
気動車らしいなんでもありな編成が組まれていました。

2013.08.11 苫小牧~沼ノ端間にて

[シリーズ キハ183]国鉄色

キハ183の国鉄色を撮ったのはこれが最後だったと思います。
異国の地で活躍しているのかな

2009.09.11 糸井にて

[シリーズ キハ183]リバイバルおおとり

特急マーク、JNRマークも綺麗にお直しし、その姿を見せてくれました。

2006.12.02 苫小牧にて

[シリーズDD51F]B更新機牽引石油臨

なんてことはない石油臨です。
来たから撮っただけです。
でも、もう来ないんです。

2007.02.13 糸井にて

[シリーズDD51F]コンテナ牽引

思い返してみるとコンテナを牽引している凸はあまり見たことがなかったです。

2007.01.08 本輪西にて

[シリーズDD51F]DF200-105甲種輸送

DD51-1067牽引によるDF200-105の甲種輸送です。
この頃はまだ凸が甲種引っ張ってましねぇ

2007.02.03 東室蘭~鷲別間にて

[シリーズ711]停車場にて

今ではワンマン運転だらけの区間ですが、こんな風に車掌が2人乗っているときもありました。

2009.01.09 糸井にて

[シリーズ711]国鉄色になったS-114

国鉄色化後のS-114編成です。
この編成は2014年度末まで残ってくれるでしょう。
そして、さよならツアー開催してくれるかな??

2012.08.17 糸井にて

[シリーズDD51F]原色+B更新重連石油臨

原色とB更新の重連でタキを引っ張り、本輪西へ向かう。

2006.03.09 青葉にて
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索